龍騎誕生

今日は滝沢直人の命日でもあり、仮面ライダー龍騎が生まれた日でもある。

私の好きな特撮はどうやら節分に縁があるらしい。

けど、龍騎誕生したぞーって喜ぶのも束の間もう目の前に命日が迫ってる。こんなことって…どうして推しの誕生日は知らなくて、命日には知ってるんですか!?こっちが聞きたいよ!😭

龍騎で誕生日判明してるの浅倉と結衣ちゃんだけですね、北岡先生は星座だけ分かってる…

 

あんまりだよ〜

こんなにライダーが多いのに、20年越しに555の北崎くんのお名前も判明した事だし、龍騎勢のお誕生日公開してくれませんかね?

 

😭

 

滝沢直人の命日

今日は2月3日世間では節分ですね。恵方巻きを食べて豆を投げる行事、その裏に隠れて一人命を燃やした男がいます。そう

 

滝沢直人

です。今から約23年ほど前の話ですが、新鮮に覚えています。あの最期はいつ見ても衝撃的で、言葉を失います。さっきまで最前線で戦ってたはずなのに、ちょっとの間にピクリとも動かなくなってしまうから、人間って不思議です。

彼の信念を貫いた最期だったと思います。力が無くなっても、なお戦い続け最後の最後まで、小さな命のために戦った最高な男です。

彼が亡くなって、23年の年月が経ちました。当時見ていた子たちはもう大人になりタイムレンジャーも滝沢直人の事も、薄れているかもしれませんが、タイムレンジャーが大好きな人は絶対あなたを忘れません。私も最近知ったばかりなので、まだまだ追いかけて行きたいです。

 

23年の時を超えて、あなたに出会えた事が本当に本当に幸せです。ありがとう

仮面ライダー龍騎が好きって話

仮面ライダー龍騎ってご存知ですか。

戦わなければ生き残れないヤツです。20年以上前の作品なので、布教はされ尽くされていると思います。けどこの令和の世に龍騎にどハマりした人間がいるんです。今回は私が、なぜ龍騎にハマってしまったのかを、考えて行きたいと思います。

 

丁度昨年の冬辺りに出会いました、YouTubeでありがたいことに無料配信されているのを見て、どえらい物があるぞと、ド肝を抜かれたのを鮮明に覚えています。

 

私自身、ライダー派ではなく戦隊派でしたが色んな作品を見て、ライダーも面白いと思い始めていた時でした。ギーツの映画に出るらしいので何となく、見始めようかなと言う感じで見たらまぁ、面白いこと面白いこと。ライダー特有の少し不気味な雰囲気やミラーワールドなど、実際にありそうな未知の世界にとてもワクワクしました。

 

そして、キャラクターがとても魅力的で、初めはなんだコイツと思っていたキャラも、短い話数でとてつもなく好きになって最期はどのキャラも亡くなるのは惜しいと思っていました。

 

物語も、怒涛の展開と衝撃の事実を交互に浴びてこんな凄いものが、世の中にあったんだと、衝撃を受けました。

 

主人公の城戸真司が、底抜けのバカで明るいからこそ、暗すぎる雰囲気にならないで済んでいるのも好きです。だからこそ最期が際立って悲しさが増幅するのも、龍騎の良さだと思ってます。

 

それになんとしても、ライダーの数の多いこと多いこと。13人出てくるって凄い戦隊より多い、ライダー同士で殺し合う?!なんだそれという気持ちが強かったんですが、いざ見てみるといい塩梅で、ライダーが出てきてミラーモンスターを倒すのが主だと思ってたのも束の間、結構凄いペースでライダーが脱落していって、好きになった時にはもう故人。けどその無情さがこの戦いの厳しさが出ていて、悲しくなる事もありました。

どんな人でも、ライダーになってしまう。凶悪犯罪者から金持ちまで、私達の知らない場所で密かに、息絶えたライダーも沢山いると思うと、本当にどうしようもない感情を抱えてしまう。けど神崎士郎の気持ちも分かるから辛い。誰も行動に移さないだけで、士郎と同じ気持ちの人は現実にもいると思う、自分の家族をどんな手段でも生き返らせたいって人。現実で起こってもおかしくないリアルな雰囲気に涙が流れました。彼ほど悲しき悪役は私が知ってる中では存在しません。

 

 

次回は、私が好きな龍騎のキャラクターについて考えていきたいと思います。

 

 

 

令和になって小林靖子氏に狂わされた人間の話

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。昨年はタイムレンジャーに関する感情をぶつけた記事が想像以上に見ていただけて、驚きと感動でいっぱいでした。今年もタイムレンジャーを大好きでいたいと思います。

話は変わりますが、私は令和に入ってから小林靖子氏に狂わされています。2022年の秋辺りに、ギーツリバイスの映画に出演するため、仮面ライダー龍騎が配信されていました。それが私個人的に大ヒットでして、実は途中から参加したのですが、そこからでも十分に楽しく見ることが出来て、最終回には大号泣しました。

 

仮面ライダーOOOも配信されており、どんどん話に引き込まれ、どんどん次の回が見たいと、毎週ハラハラワクワクする展開で、最終回付近では、私がOOO世界の住人になったかのような、感情の入り込みようで気づいたら、涙が溢れて止まらなくなりました。

 

トッキュウジャーも配信で見て、最初は楽しく明るい戦隊だと思っていましたが、話が進むにつれて、徐々に重めな部分が出てき始めて驚きました。最終回では感動の涙が出ました。

 

ここまでが私の記憶に新しい、小林靖子氏の作品です。なぜ私はこれほどまでに彼女の脚本に魅了されているのかを独自に考えてみました。

 

・リアルタイム視聴がシンケンジャー&電王

・唐突に変身させられる主人公が好き

・ギャグとシリアスの配分が絶妙

だと私個人では思ってます

 

一つ目のリアルタイムの記憶が大きく当時の頭に深く刻まれた、物語がこの二つなんだと思ってます。人格を形成するにあたって大切なのは、周りの環境。好みの脚本は初めて見た作品の影響。そんな結び付きを感じたり、感じなかったりします。けど少なからず影響はあると思ってます。

私が戦隊ライダーにそれほど、情熱が無かった時でも好きな作品には必ずと言っていいほど、この二作品の名前を上げていました。単に思い出補正もあるかもしれませんが、幼少期の脳には衝撃的で深く刻まれました。

 

二つ目は巻き込まれて変身する主人公が好き、よく分からないと思う人もいるかもしれませんが、物語が始まった時点ではまだ変身者になっておらず、急にアイテムを渡されて変身して欲しいと言われる主人公が好きです。例を上げると

城戸真司

乾巧

野上良太郎

火野映司

如月弦太朗

etc.

とまだ戦いのプロでは無い状態で、年間を通して一緒に成長する主人公が好きです。もちろん物語が始まる前から、戦っている人も好きです。戦闘に余裕があるのはかっこいいので。

物語の中で、みんなと同じ状況なのが好きで、初めて変身した時は驚きたいし、強い敵が出た時は一緒にうわぁーってなります。そして武器が出てきてすげぇー!ってなりたいです。それをよくやってくれるのが小林靖子氏なのです。

 

三つ目はほぼ全ての作品に言えるのですが、シリアス一辺倒ではなく程よいギャグ描写があるのが好きです。見てる側がニッコリしてしまうそんな感じが好きで、日常の中にある面白い会話をこっちが見てる雰囲気が、たまらなく好きです。

これもメイン層の、子供たちにも楽しんで貰える為に、明るくしてるんだろうと思ってます。ギャグ全振りの作品も大好きですが、本当にいい塩梅でシリアスとギャグの描写が私にどハマりしました。

 

この三つが小林靖子氏が私を惹き付けた、理由だと思いました。

 

今年もよろしくお願いします。

タイムレンジャーに全ての感情をぶつける

約1週間に渡ってタイムレンジャー初見の感想をつらつらと描きました。そして沢山の方が見てくださいました。ありがとうございます。最終話を見た直後からずっとこの昂った感情を、どこかにぶつけたいと思っていました。しかしTwitterは短い文章が好まれる傾向にあるので、私の感情を100%ぶつけられないと思い、このブログに綴っています。正直誰にも見て貰えないと思ってたので、驚いてます。過去に投稿してる文章も、日記未満のお粗末なものばかりなので、少々恥ずかしさもあったりします。元々、特撮多めのブログにしようと思ってたのですが、怠惰のせいで適当な文になってたりしてましたが、今回タイムレンジャーを完走し感動に包まれ感想と感情をぶつけたい、これは真剣に書こう自分が思った事感じた事を、思う存分書き散らかそうと、思ったのでした。

 

半年前に、出会ったタイムレンジャー。それぞれの印象がこちら↓↓↓

 

永井大

イケメンのブルー

木場さんの彼女

テニミュの、齋藤コーチ

ふわふわの髪の毛の子

祢音ちゃんのパパさん

OPの鳥

小林靖子

ざっとこんな感じでした、今はリュウソウのマスターブラックとかも入るかも。

まず、小林靖子の時点で絶対面白いに決まってると確信していました、それもそのはず、私はタイムレンジャーを見る前に龍騎とオーズを完走済みで、二作品ともぶっ刺さっていたのです。龍騎に関しては北岡先生の写真集買いました。なので、大変な事になるそれは予想済みでした。

割と序盤で、好きが溢れました。

インターネットでなるべくネタバレを、踏まないようにしつつ見ていったら、みなさんが言う10話でまんまと落とされました。竜也とアヤセくんの友情が深まる回ですよ、寒い冷凍庫でタンクトップ1枚ですよびっくりしました。自分が死ぬって分かってるから、自己犠牲するアヤセくんに対して、そう言うのは好きじゃないって言う竜也、人として出来てます。二人とも優しさの塊のような子で一気に好きになりました。ピンチなのに携帯料金を払えてないせいで、連絡出来なかった竜也も可愛いくて好きです。

 

みんな大好きほなみちゃんと、ドモンの恋の行方も見てて喜怒哀楽全てを出しながら見ました。本人の姿が分からないまま、すれ違う二人にもどかしさやトキメキを感じながら見てました。アヤセくんをタイムイエローだと勘違いするほなみちゃんを見てどうなるんだろうと、ドキドキしてました。早々にアヤセくんが勘違いに気づいたので、どうするのかと思えば視界のトリックで変身者が分からなくなったので、このままずっと勘違いしたまま、この二人は結ばれないのかもしれないと思ってたのですが、ドモン決死の爆弾ガードあまりにも、かっこよくて号泣でした。最後は会えて良かったと感動の締めくくり。悲恋物語かと思っていたので、結ばれて子どもまで産まれたのは嬉しくて号泣ものでした。

 

大人のみんなが、酔っ払ってボロボロになる中、一人で頑張るシオンくんを見て偉いねと母性が爆発したり、犯罪者を守ったりしたり、可愛い夢を見たりするの。シオンくんのメイン回全部好きなのよ、楽しいものからシリアスなものまで、バリエーションが豊で好き。シオンの流儀と、小さな故郷と、犯罪者を救えと、ぐっどないとが好きです。心が暖かくなるから是非見てみてね。

 

みなさんの、賛否が分かれる回と言えば

桃色の誘惑

ですよね、私はすごい好きです。ユウリちゃんが、頑張って家庭力を上げようと奮闘したり可愛くなろうと、努力する回なんです。頑張る女の子はみんなもれなく素敵ですからね。本当に、敵の策略にまんまとハマった御三方は、反省してくださいね。全財産が少ないのをバカにされてて、笑悲しいと言う、初めての感情になりました。ほんとに楽しい回であるのは間違いないと、思うので、タイムレンジャーはシリアスで重苦しいイメージを抱いてる方に見ていただきたいです、私もそうでした。案外多いギャグ回いいですよ。

 

滝沢直人、君が私をタイムレンジャーに落とした最大の要因です。大変でしたよ、脳みそが、モブの隊員と同じ服着てるし普通に見てたら、モブかと思います。なのに変身するのは赤。情熱や闘争心や色んなものがメラメラとファイヤーしてます。ギーツでのあの変身を見た後に、滝沢直人を見ることが出来ている、ちょっと贅沢すぎませんか。過多でしたよ、変身した瞬間に落ちました。元々ギーツでお父様を推していたのもあるんですが、ファイヤーした瞬間に久しぶりにこれは大変だと言う感覚を覚えました。そこからはもう毎週YouTubeを食い入るように見て、滝沢直人を摂取してとほぼ禁断症状が出る直前まで行ってました。明日が来ないと、狙われた力で二番底に落とされました。推しにまさかの二番底。華麗なな二度落ち、後はもう語るまでもなく、大変な事になる未来が見えてる。

 

ここまで見てくださってありがとうございました🙇‍タイムレンジャーに出会えて本当に本当に、最高でした。ありがとうごさいました。

タイムレンジャー大好きです。

 

 

 

 

Case File ∞

2023 .Dec .6 .

シオンくんに全ての感情をぶつける

今日はシオンくんに全ての感情をぶつけます。

シオンくんは、最初から最後まで竜也に好意的で、ずっと優しく変わらない存在です。緩い雰囲気なので、可愛い感じの子かと思っていたけど、案外芯がしっかりしていたり度胸があったりするのが、意外でした、流石戦士です。ずっと、研究所でひとりぼっちだったからか、本当にタイムレンジャーのみんなが大好きで、誰にでも好意的に接する優しいシオンくんはとても素敵です。

シオンくんがいなければ、タイムレンジャーもトゥモローリサーチも詰んでた事が、何度もありました。竜也の携帯料金を払ってくれたり、クロノチェンジャーを直してくれたりなど、挙げていったらキリがないくらい助けられてます。修理代行が滞れば質素な食卓にってしまうくらいですからTRには、必要不可欠な存在です。1年の内1週間眠ればいい体質の、ハバード星生まれなので、みんなが寝ている間にも仕事をしたり、調べ物をしたりなど、色んな点で役に立っています。

毒舌だったり

危なっかしいかったり

色々自由だったり

など、見ててハラハラする時もありますが、いつも和ませてくれる存在です。ユウリちゃんの作ったご飯を心配したり、アヤセくんに、趣味悪いぞと言われたりもしてますが、無邪気で思わず守ってあげたくなるような、可愛い癒し系でした。けど、可愛いだけじゃなくて、犯罪者でも反省する気があるロンダー囚人を庇ったりなど、強さと、度胸を持ってたりする所もあります。

20世紀を故郷として、すっごく気にってくれてるのが嬉しいです。辛い境遇にも関わらず、いつも楽しそうにしている姿が印象的でした。楽しく過ごしてくれてありがとう。

 

↓↓↓ネタバレ有りのシオンくんに関する感情

 

シオン様へ

30世紀はどんな感じですか?気軽に戻っておいでと、言えないのが大変もどかしく思います。過去にいた時のように、笑顔でいてますか?あなたは、もうひとりじゃないって言ってました、みんながいるから大丈夫、その言葉を聞いて安心しました。過去に行って、色んなものが新鮮で楽しかったと思います。なので今からは現代で楽しい事を沢山見つけてください。20世紀に来てくれてありがとう。

ドモンに全ての感情をぶつける

今日はドモンに全ての感情をぶつけます。

 

ドモンは、みんなを和ませてくれる面白くて、頼れる子です。最初の印象は軽い感じでユウリちゃんをナンパして怒られてたりアヤセくんと言い争いが絶えなかったりと、本能に忠実な所が多く、戦士として大丈夫かな?と思う事があったりしました。けどその心配は、一瞬で消えてめちゃくちゃ強い人だったので安心しました。いつも、ちゃらんぽらんな感じだけど、かっこいい所も沢山あって、戦いではすっごく頼れる子です。

みんなより、未来に帰りたい気持ちが強くてずっと20世紀を嫌がってたけど、竜也やほなみちゃんと出会って、20世紀が好きになって行く過程を見て感動しました。ほなみちゃんと出会って段々心動かされる様子は、見ててドキドキしました。あんなに帰りたがっていたドモンが、現代に居たいと思えるそんな存在のほなみちゃん。紆余曲折を経て結ばれた時は久しぶりに、トキメキの涙を流しました。

 

女の子に弱く

味覚が微妙で

寂しがり屋

だけど、これも含めてのドモンのいい所です。最初は言い争いが絶えなかったけど、どんどん絆が深まって、タイムレンジャーのみんなをとても大事に思ってるいい人です。彼がいることで、みんなの雰囲気が穏やかになったり、楽しい空気に包まれる様子は見ててとても、暖かい気持ちになりました。これも大家族の長男だからかもしれないですね。ありがとう。

 

↓↓↓タイムレンジャーに関するネタバレ有りの感情をぶつける

 

 

ドモン様へ

帰ってきた30世紀はどうですか?楽しいですか、お子さん元気そうでしたよ。あなたは唯一、30世紀に帰る場所がある事からみんなとは、少し過去への思いが薄いのではないかと最初は感じていました。けど竜也とほなみちゃんと出会って、みんなと同じくらい過去が大好きになってましたね。「30世紀も20世紀もどっちも守りたい。」その言葉を聞いた時感動しました。あなたは素直だけど、素直になれない所もあるので、その言葉を聞けた事が嬉しいかったです。素敵な30世紀を過ごして下さい。過去を好きになってくれてありがとう。